img_02

ウォーターサーバーの水垢やカビ等の不安

近年の健康ブームで、自宅の飲料水にも気を使う方が多くなっています。
一昔前までの各家庭では水道水の水をそのまま飲んでいましたが、現在では浄水器は当たり前、市販の天然水の売り上げも上がっています。


また、最近はウォーターサーバーを導入する家庭も増えてきています。

ウォーターサーバーを簡単に説明すると、サーバー内のタンクに水をため、電機の力を利用し、水を冷やしたり温めたりする事の出来る機器の事です。



このウォーターサーバーに水の入ったボトルをセットすることで水が自動的にタンクにたまっていく仕組みで、各メーカーと契約することで水の入ったボトルやサーバーをレンタルします。

しかし、気になるのが衛生面の問題です。水を使い切ったボトルは、業者が回収したり使い捨てタイプを採用していたりするので、衛生面での問題は小さいです。



しかし、サーバーは毎回取り替えてくれるものではなく、タンク内と水を輩出する経路等のカビや水垢が気になるのは当然です。実際、市販の天然水の場合を除くと、こういった常に水を使用する器具の場合、どうしてもカビや水垢の問題が発生してきます。
大半の業者は定期的にメンテナンスを行っています。

サーバー自体の交換するのか、掃除をするのか、業者によって様々です。


どちらにしろ、サーバーの衛生面の問題もそれほど心配するモノではありませんが、前述の通り、タンクの水が無くなる度というわけではないため、自分でも軽い掃除などの手入れが必要です。



例えば、ボトルの差込口やその周辺部分、蛇口や受け皿をタオルでふき取ったり、アルコールで掃除したりするだけで、カビや水垢といった汚れを防ぐことができ、衛生的で安心した水を飲むことができます。

手間がかかるほどではないので、日常の食器洗いや掃除などと同じような感覚でメンテナンスすることが大事です。